*あなたがあなたらしくあるために、《ボイスアート》で「自分軸」を育てよう*
*あなたの心とからだの健康を全力で応援します*
*人間関係、トラウマ、セクシャルマイノリティ、性格、キャリア...など*
奈良県大和郡山市(JR郡山駅すぐ)
  1. 石の上にも3年!?(3)
 

石の上にも3年!?(3)

自分の中に起こりがちな「評価モード」とどう、つきあうか。

 

  どうせ、わたしには才能がない…

  どうやったって、上手くいくはずがない…

  わたしは、ダメ...



こんなふうに、「わたし」に✖をつけてしまうクセ。

 

または

「こうある’べき’理想の形」を最初から描きすぎて、

こんなはずではない!のループにハマってしまう…

 

表現することにおいては、

「自分に対する(特にマイナス)評価モード」が発動すると、

こころも身体も、緊張し、萎縮してしまいます。

 

(すでにある’お手本’を見ながら描くときは、少し違ってくるかもしれませんが)

パステルの絵を描くことで言うと、

 

   ●最初から「完成形」を、頭の中で作り上げない

   なんとなくこんな風に…みたいな、自分の中で感じられる「なんとなく」を大切にします

 

    ●なんとなく自分の中で感じる…自分の「感じ」を丁寧に味わう

 

   特に途中、どんな風に描けばいいか迷ってしまう、あるいは、詰まってしまったら...

   一旦とまってみる(時間を置く)

 

 

   ●紙の向きを変えてみる(視点を変える)

   ↓向きを変えると、なんとなく見える「感じ」が変わりませんか?

 

 

 

 

そして

わたしを無心にして、気づきを促す言葉

(友人Jさんがよくこの問いかけの言葉をかけてくれて、いいなぁと思っているものです)

 

   この絵は今、どうなりたがっている?

 

 

「そんな!絵に問いかけたって、絵が答えてくれるのかなぁ?わからん〜」と言わずに、

1度、試してみてください。

 

特に最後の問いは、

「自分がなんとかしなくちゃ!」という気張りから、自分自身を自由にしてくれる

そんな働きがあるように思います。

 

コツはボンヤリと絵を眺めてみること。

 

また

くるりっと絵の向きを変えることで、

自分の中の感じ方が変わったり、見え方が変わります。

 

あ!次はここをこんなふうに描いてみようかなぁ、なんて

新たなアイディアが生まれてくることもあります。

 

----------------------------------------

 

絵を描くことに限らず、

上に示した「評価モード」とつきあう…というより、

「評価モード」に掴まらないコツ、と言ったほうがいいでしょうか、

 

これは、

普段の自分に起きた体験と、どのようにつきあうか。

そんなコツにも、通じているように思います。

 

わたしが何とかしなくちゃ!」という自我を手放してみる ことで、

逆に物事がスムーズに動くこともあるなぁ、と実感している昨今です。



 向きを変えただけの同じ絵。あなたはそれぞれにどんな感じがしますか?

 








 

 

カウンセリングルーム樹喜

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩まないでください。

本来のあなた自身へ還るための一歩が、ここにあります。


電話番号:090-9629-0535

所在地 :奈良県大和郡山市高田町96-7

営業時間:10:00〜19:00

定休日:不定休

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約・お問合せフォーム