*あなたがあなたらしくあるために、《ボイスアート》で「自分軸」を育てよう*
*あなたの心とからだの健康を全力で応援します*
*人間関係、トラウマ、セクシャルマイノリティ、性格、キャリア...など*
奈良県大和郡山市(JR郡山駅すぐ)
  1. こころや頭が忙しくないですか? 〜こころや頭がいっぱいな時の対処法
 

こころや頭が忙しくないですか? 〜こころや頭がいっぱいな時の対処法

前回のコラム記事「呼吸を意識する 〜セルフケアへの第一歩」で、

自分の呼吸を意識することは、簡単にできる心と身体のセルフケアへの入口、とお伝えしました。

本日はさらに一歩、深めます。

 

みなさんの心や頭は忙しくないですか?

同じことばかり、ぐるぐる考えていたり(ぐるぐる思考)、

心があるひとつの感情に囚われすぎていて苦しかったり(執着)




いわば「自分の悩みで、自分自身が占領されている」状態です(図A)

 

※A状態が極まると、不眠、食欲不振、倦怠感、やる気がおこらない、もやもやする、出口のないぐるぐる思考…などの症状が表れ始め、

 抑うつ状態に陥ります。

 

大抵、こういう状態のひとの呼吸は浅い状態です。

軸の通った太い呼吸ではないので、「自分軸」も揺らいだ状態です。

 

こんなときこそ、前回ご紹介した「自分の息を聴く」呼吸を行ってください。



悩みでいっぱいの自分と距離をとるために、

「自分軸」に還るために、自分の吐く息の音に意識を向けて、ただ聴く。

 

「我に還る」という言葉がありますが、まさしくそれです(図Bの左側の状態)

自分の呼吸の意識を向けながらも、いろんな考えやら、感情が湧いてくるかもしれません。

それは、それでいい、のです。

 

それらの考えや感情に

「今わたしは、自分の呼吸に意識を向けるね。あなたたちとはまた後で、取り組むからね」と、

そっとこころの中で、声をかけてあげます。

実際に、声に出した方がやりやすければ、声に出してもいいでしょう。

そうしてまた、自分の呼吸に意識をもどします。

 

そうすると、「自分自身」が「自分の悩み」と《間(マ)》が取れてくるのです(図B)

自分が一体、何にどのように悩んでいるのかが、少し客観的に眺められる余裕、ゆるみが生まれてきます。







普段から、ちょっとしたエクセサイズのつもりで、自分の呼吸(息)を聴くことをする時間をもつことを、

日々のご自身のセルフケアのためにオススメいたします。

 

わたしがカウンセリングやボイスアートなどで推奨している「呼吸」すなわち「息の道」は、

「自分軸」にほかなりません。

 

ひとはこの「自分軸」を育て、しっかりと「自分軸」に立つところから、

自分の抱える悩みと向き合い、問題と取り組み、自分自身の歩むべき方向がわかってくるのです。

 

 

生きている限り、ひとはいろんな出来事と遭遇しますし、

そのときにどうしたらいいか、悩むこともあってあたり前ですね。

 

ときには「自分の息の音を聴く」ことすらできないほどの大きな出来事に遭遇して、

途方にくれてしまうこともあるかもしれません。

 

もちろん、一人では解決しきれないと思える悩みに対しては

専門家の力を借りることも大切です。

 

それにしても、自分の呼吸を聴く(「自分軸」に還る)時間を持つことは、

あなたの人生において、あなた自身の生きるちからを育み、高める、といっても過言ではない、

と、わたしは考えています。






 










カウンセリングルーム樹喜

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩まないでください。

本来のあなた自身へ還るための一歩が、ここにあります。


電話番号:090-9629-0535

所在地 :奈良県大和郡山市高田町96-7

営業時間:10:00〜19:00

定休日:不定休

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約・お問合せフォーム