*あなたがあなたらしくあるために、《ボイスアート》で「自分軸」を育てよう*
*あなたの心とからだの健康を全力で応援します*
*人間関係、トラウマ、セクシャルマイノリティ、性格、キャリア...など*





奈良県大和郡山市(JR郡山駅すぐ)
  1. セルフケアのために 〜こころの整理に役立つお話
 

セルフケアのために 〜こころの整理に役立つお話

2017/02/17 セルフケアのために 〜こころの整理に役立つお話

日々の心や身体の健康をセルフケアについて、みなさまのお役に立てたら幸いです。

 

○ 呼吸のこと

○ どんなふうに物事を捉えていけばいいか

○ 考え方の整理など

○ 心と健康に関するセミナーや講演会、ワークショップなどの情報



ボイスアートのセッションを通じて、

さまざまなクライエントさんと向き合って、お話を伺うと、

そのひと自身の声(呼吸)が、そのひとに対して働くちから、

そのひと自身をサポートしてくれるちから、ってすごいなぁ、と思います。

 

感情はエネルギー体の一種。

特に、怒りのエネルギーはとても強い。

 

いわゆる負の感情(怒り、悲しみ、不安、いらだち…)は、

みずから感情を感じたり、表現することをストップして、

知らず知らずのうちに溜め込んでしまうと、

自らの心身に滞りを生じさせます。

 

特に、怒りのエネルギーは、とても強いので、

極まると、いきなり爆発して、まわりを傷つけたり(モノを壊す、暴力をふるう)

自分をも傷つけてしまう(自傷行為、各種の心身疾患)

 

どんな種類の感情であれ、

その感情を感じることをどこかで止めたり、

表現することをストップすることには、

多分そうする人なりの、自分の身の守り方があって、

そうして来ざるを得ない理由があったから。

 

あなたがもつ感情に「よい」「悪い」は、ありません。

自分のなかに、いろんな気持ちや感覚がわいてくるのは、

あなたが生きている、って証拠。

 

 もちろん感情の出し方には、工夫が要ります。

 自分が怒っているからって、自分や相手をその怒りにまかせて傷つけるやり方はまずいです。

 

あなたがよりパワフルに、健やかに生きていくには

あなたのなかに湧いてきた気持ちや感覚を、気づいて認めて、味わい尽くす…

 

これがとっても大切だな、って

思ったのです。

 

ただ、

今までのやり方(感じること、表現することを止める)を変える、って

勇気がいりますよね。

 

今までとやり方を変えたら、なにが起こるかわからない…

そう思うと、怖いですよね。

 

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

ボイスアートの声のワークの中で、みなさん

「やってみると気持ちいいっ」という方が多いワークがあります。

 

「アホー」って、声を発していくワークです。

 

自分の日常生活で、これ要らないな、ちょっと出してしまいたいな、

というような何か(イライラ、モヤモヤ、肩こりとか身体に感じるモヤモヤでもいい)を、

具体的にイメージします(それぞれの話の詳細は、話さなくていい)。

 

コツは

「ア」「ホ」という音に乗せて、

自分のなかにある放ちたいエネルギーを、天にあずかっていただく…

そんな感じで、声を出していきます。

 

天は、広大で、寛大ですからね(笑)

ちっぽけなニンゲンのモヤモや想いなど、いくらでもあずかってくれます。

 

天に、まかせましょう。

わたしたちニンゲンは無責任でいていい(笑)

 

自分が要らない、出ていってほしいな、ってイメージを持ったモノでも、

無理やり「出て行け〜!」と追い出そうとしては、抵抗に合います。

 

長いあいだ、あなたと慣れ親しんだモノこそ、

あなたから離れることを惜しむでしょうから。

 

「できましたら、天のところへお帰りくださいね」くらいに、

丁寧な気持ちでやります。

 

だんだんと、自分の気持ちや身体が、

いい意味で「からっぽ〜」な感じになってきます。

 

不思議なんですが、大きい声を無理やり出そう、としなくても

からっぽな感じで、自分の中のエネルギーの芯が通った感じが湧いてくると、

声も通ってきて、気持ちよくなってきます。

 

声の響き自体が気持ちよくて、

また、自分の心身がパワフルになっていく。

 

そんな相乗効果があるように、思います。

 

その声のちからこそ、あなた自身がもつ

あなた自身の生きるちから

そう、実感できるはずです。



 



















クライエントさんとお話をしていると、

ときどき、ハッとするようなことをおっしゃいます。

 

「ずっと何者かになろうと頑張っていたんですが、最近、

 まぁ、こんなわたしのままでもいいや、と思えたら、なんだか気持ちが楽になりました」

 

先日、お見えになった方が、こんなふうにお話され、

ずいぶん、柔らかい表情をされていました。

 

====================

 

記事のタイトルは、医学博士であったベイサーというひとが唱えた理論。

 

ひとは、目標をなにか定めてよりよくなろう、変化しようと努力するときに、

「今の現実のわたし」を改めて、

「もっとよい行動」「もっと良い人間らしい行動」をしようとすると、

 

それは「今の現実のわたし」の自己否定の上に行おうとしていることなので、うまくいかない。

 

むしろ、「今の現実の自分」を本当に受け入れたときに、自然に変化が起きる。

本当に変化したいなら、変化しようとしないことである。

 

…という【変容の逆説的理論】と呼ばれるもの。


====================

 

クライエントさんの言葉を聞いたときに、

わたしはこころの中で、おぉ、これこれ!と思ったのでした。



加えて、ボイスアートでは、

「自分の呼吸に還る」を徹底的に、目指します。

 

これは、どういうことかというと、

ひとが生きていれば、誰もが行っている呼吸…

 

 生かされて、わたしはいま息をして、この時間を生きている

 

これほど、確かな事実はありません。

 

今この瞬間に行っている、自分の呼吸の「ありのまま」(=確かな事実)を

(自分の呼吸を聴くぞという)自分の意志をもって、しっかり聴く

自分の呼吸(=確かな事実)に、ただ気づく

 

これが、すべての入口です。

 

あなたがより健康に、よりよいものに変化したいのなら、

変化しようとするのではなくて、

まずは、「自分の呼吸を聴く」この入口に立つのです。

 

このずっと奥深いところに、

あなたらしい、あなた自身の本来の姿があり、

 

そしてそれは

限られた肉體を超えた存在の大元へと、つながる道でもあります。

 

そして

その世界は、喜びと感謝そのものであるともお伝えしています。

 

何ものかになろうとしなくても、

もうすでに、わたしはわたしです。

 

そして

あなたはあなたです。

 

無心に、みずからの息に耳を傾けていると、

そんなことを心から、感じます。



♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

12月定例の【ボイスアートグループレッスン@ならは、

12月17日(日)13:30〜15:30

奈良県文化会館・和室「かすが」で行います。

 

 ♡お申し込みを、お待ちしております♡

 

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪










カウンセリングルーム樹喜

あなたはあなたのままで大丈夫。ひとりで悩まないでください。

本来のあなた自身へ還るための一歩が、ここにあります。


電話番号:090-9629-0535

所在地 :奈良県大和郡山市高田町96-7

営業時間:10:00〜19:00

定休日:不定休

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約・お問合せフォーム